90年代初頭から日本のスラッシュ・メタル・シーンのみならず、海外での活動も行うなどワールドワイドでの活動を行っているNARCOTIC GREED / HATE BEYONDのギタリスト『WARZY (ワージー) 』氏による約9年ぶりのセカンド・ソロ・アルバムのリリースを記念して、なかなか我々には体験のできない貴重な話も軽々と飛び出す、彼のそんな魅力あるインタビューを紹介しようと思う (聞き手 ; Mr, Matsuura - FINE TUNES - )
facebook8
◯まず最初に製作期間を教えてください。

WARZY ; ドラムの音源が『激怒荒狂 GEKIDO‐ARAKURE』のボーナストラックを録音した時に一緒に録音したので2015年くらいでしょうか・・・西三荘のスタジオで録音しました。最初の4曲はそれより前に上新庄のスタジオで録音したので・・・日付などは本当、全然覚えてないです(笑)
 曲は前のソロ・アルバムが出た時にすでに、次の構想はありました。ちょうど大阪プロレスやKAIENTAI DOJOなどの入場曲や番組のBGMなどの仕事でインストを録り溜めていたので、曲のストックはまだまだありますよ。ただ今回は録音する時間が無かったので(苦笑)

◯アルバムタイトルの『DOPPELGANGER’S DECEIT』に込められた意味を教えてもらえますか?

WARZY ; いつも英語はジャックハマー・ミュージック・アメリカで働いているみんなに教えてもらっています。どうしても日本人の英語と本場の人の英語の意味のとり方やニュアンスが違うので、そのへんを色々アドヴァイスしてもらっています。例えば最初は俺のわがままが詰まったアルバムなので
「ABSOLUTE EGO なんたら~」とアイディアを出してたんですが、向こうでエゴといったらもっと独裁的で、民衆の意見を無視してキチガイに振舞う利己主義者というのかな?日本で使うエゴサーチとかと意味合いが違うんですよ・・・まあ、そんなのは一例ですが、色々アイディアをいただいて最終的にこのタイトルになりました。アルバムを聴いてくれる人が、それぞれ違った解釈ができるタイトルがクールなようで(笑)レーベル・メイトのデニス氏(FUTURE HATEのギタリスト)が最終的に決定しました。意味は自分とそっくりの姿をした分身が、同じ時間に違う場所で出没するっていうのかな、それは嘘だよと・・・そんな事はありえないという意味になるかな?(笑)自分はバンドではスラッシュやってるけど、時を同じくこういうアルバムを出している・・・別人かい?嫌、同じワージーが両方演じているのさ・・・みたいな・・・(笑)

◯ジャケットを担当したジーザス・リスタ氏について教えてください。もともとお知り合いだったのですか?

WARZY ; いや、Facebook で知り合ったアーティストの一人です。前のヘイト・ビヨンドのアルバムを担当してくれた STAN.W.DECKER 氏はメガデスとか色々有名なバンドを手掛けていて忙しいので、他に色々探して一番雰囲気が良さそうな彼に頼みました。実は他にも3~4人、実際にこちらのイメージを伝えて描いてもらったんですよ。ほとんどイメージが違ったのでボツになって、結局大金を失いました。。。(笑)


◯そんな事があったんですね(笑)ジャケットを選定するのも一苦労ですね。
 さて、では収録曲について教えてください。まず一曲目の「 LA DEFENSE」ですが、普段のハードな作風とは違ってとても素直なギターインストです。個人的にとても気に入っているのですが、以前から温めていたアイディアなのでしょうか?

WARZY ; そうですね。プロレスの曲を担当していた時に、作った曲の一つです。レスラーのイメージに合わなかったので,取っておいた。タイトルはフランスの街の名前で、30年くらい前に訪れた時に美しい高層ビル群に心を奪われた・・・そのイメージで書いた曲です。

◯速いフレーズだけでなく、オリエンタルと言うか特徴的なメロディも沢山聴けます。何か影響になったものがありますか?

WARZY ; やはり、海外の方は日本人が奏でる独自のメロディに魅力があるので、イングヴェイのフレーズを弾いてもバカにされるんですよ~(笑)大体やり尽されたギターの手法の中で、人と違うことを見つけて弾くのが俺の宿命だと思っています。人の真似したらお終いだよってね。遅いフレーズでもいいんですよ。病的に耳に残るメロディが、このアルバムにはたくさん詰まっているとおもいますが・・・

◯二曲目「THOUSAND NIGHTS」もゆったりとした純粋なギターインストですね。全編にわたってフランス語のようなものがバックに聞こえますが、これはなんでしょう?

WARZY ; これはアダルトビデオですね!(笑)昔フランスに住んでいた時に、まだインターネットが無い時代、友達が寂しいだろうと思って貸してくれたVCD。でも昔のあっちのビデオって、ストーリーが長い!(笑)事が始まるまで延々と大根な劇を見せられる・・・なぜかその機械は早送りができなかったので延々とこんなセリフだけを聴かなくてはならない・・・そう毎晩毎晩・・・だからこのタイトル!!一応、音声を反転しているので、何を言っているのかわからないようにしました。よくグラインド・バンドのアルバムでそのまま喘ぎ声とか使っているけど、さすがにそれはダサい(笑)それより、出だしのメロディがいいでしょ?あと最後のソロで延々と同じフレーズでフェードアウトするところとかも病的でしょ?(笑)

◯そうですね、後半も印象に残りますが、出だしのフレーズは一度聴いたらなかなか耳から離れません。何か情景であったりイメージしたものがありますか?こんな綺麗な曲のバックがアダルトビデオと言うのもすごいですが(笑)

WARZY ; いや、確かこのビデオでも似たようなスローな音楽が流れていたと思う。こんな美しいメロディでは無いのは確かですが(笑)僕の曲は、きっかけはそうでも、最終的にはワージー・ワールドになるよう変わっていくから。何度も聴き直して、人とやっていることが同じにならないように何度も編曲して、最初とは違う曲になることって事は僕にとっては自然なことです。テーマは一貫しているけどね。

◯上記二曲の様な純ギターインストをまた作りたいと思いますか?個人的にはまた聴きたいと思うのですが。

WARZY ; もちろん、3枚目も作られるくらいストックはあります。あとは一緒に演ってくれるメンバーしだいです。

◯「ISLE OF DOGS 2019」は前作にもあった曲ですが、再録ということでしょうか?

WARZY ; そうですね。ボーカル以外はすべて録音し直しました。ボーカルのダンはもう声が出なくなって引退状態なので、昔の声をそのまま残して。この曲は彼しかできないので。

◯ファーストソロの時から聞いてみたかったのですが、「ISLE OF DOGS 」は特定の誰かの事を歌っていますか?歌詞がとてもユニークで印象的だったので(笑)意外にキャッチーだったりもしますね。すぐに口ずさめるというか。

WARZY ; これはタイトル通り、ペットショップの犬の歌さ!でも我々にも置き換える事ができる。一度きりの人生、頂点でいられないのなら売れ残りのガス室送り、それくらい頑張って良い結果を残せるように悔いの無いよう生きるんだ!ダラダラしていたら地獄落ち。俺の曲でもそうだけど、人と似た曲で勝負しても、平均に行くのは早いけど、落ちるのも早いし、頂点に登らないと今の音楽業界、やっていても意味が無いんだ。今のバンド見てみなよ。似たような音楽やって、仲間内で傷を舐めあって、そのくせ影ではその仲間を蹴落とす、腹黒い世の中だ。"生きてく価値があるのか?そんな世界で!"とダン先生も歌っているだろ?(笑)これは十何年も前に作った歌詞だけど、今も変わってないよね。残念だよ。
 キャッチーについてだけど・・・いい曲書かないとね!(笑)"い~か~してる、この~俺~なら~" なんて歌詞をメタルの曲に乗せるなんて、44マグナムやラウドネス以来じゃない?関西のメタルパワーは凄いよ~って気持ちで頑張ってる!

◯「FUTURE KILL 2019」はNARCOTIC GREED時代の曲「FUTURE KILL」がインストになっていますね。演奏からとても生々しい空気を感じたのですが、これはセッションから生まれたのでしょうか?参加メンバーについても教えてください。

WARZY ; これもプロレス用にアレンジした曲です。イントロだけ欲しいと言われたんで(笑)すごくヘビィーに重~く重~く、遅い曲だけども意外に難しいんだよね。1~4曲目まではドラムはE-DEAD、ベースはBOMBERですよ。

◯前半4曲が本編、ここからがボーナストラックとなっていますが、5曲目はいわずもがなのラウドネスのカバー「DREAM FANTASY」ですね。以前にも「ESPER」をカバーしていましたが、今回のこの選曲は特にお気に入りのナンバーなのですか?

WARZY ; ギターキッズにとって、この曲は誰もが通る道じゃないかな?(笑)オリジナルよりテンポが少し速くて、晃さんも昔はライヴで忠実に弾いていたので、僕も忠実に大きなアレンジもなくやってみました。一ヶ所、ディミニッシュのフレーズがワージー運指だけど(笑)ディミニッシュは僕の十八番なのでそこはブッ飛ばさせてもらいました。あとは忠実にコピーできたと思います。

◯とてもラウドネスへの愛あるカバーだという印象を受けました。ボーカルを務めたJon-Egil "Jram" Ramslie氏はとてものびやかでハスキーな声質が特徴的ですね。彼について教えてください。

WARZY ; 僕が昔に色々海外を放浪していた時に知り合ったノルウェーの方ですよ。本当はギター&ボーカルでグランジっぽいバンドでプレイしてたんですが、ギターより声が良くて、ずっと気にはしていました。彼はいつも僕と何か一緒に演りたいと熱望していたので。。。でもボーカルだけ参加してって
流石に言いにくかった(笑)でも彼は今回快く引き受けてくれて、もの凄く良いトラックを送ってくれました。大変感謝しています!!今後も僕と一緒に何かやる予定なので、彼には注目ですよ~

◯6曲目がBLONDIEの「CALL ME」のカバーですね。こちらはメタリックなアレンジが施されていてとてもカッコイイですが選曲はどなたが?参加ミュージシャンについても教えていただけますか?

WARZY ; 選曲はもちろん僕さ!逆に誰もこんなアイディア、出す人いないでしょう?僕のソロアルバムはメタル以外の方も多く聴いているので、この選曲は自然な流れでした。さっきも言った通り、ドラムのE-DEAD氏が『激怒荒狂 GEKIDO‐ARAKURE』のボーナストラックを録音した時に一緒に録音した。最初はベースもBOMBER君で録音したのですが、アメリカ・チームがボーカル、コーラスと共にベースのデータも送ってきた(笑)アメリカのレーベルメイト"FUTURE HATE"のボーカル"ミランダ"嬢とギターシンセが同じく"FUTURE HATE"のギタリスト"デニス"氏、ベースは謎のおっさん"イアン"氏(笑)意外に早弾きよりも、最後のメロディが好評です(笑)やっぱり普通の人には早弾きよりメロディ重視なんですよ~これが僕の生き残っている理由の一つです(笑)

◯海外であってもデータのやりとりで曲を作成出来る環境というのは、とても刺激的でクリエイティブでいられる印象を受けるんですが、その辺はどうでしょう?良い面も悪い面もありそうですが。

WARZY ; うだつの上がらないメンバーと一緒にやっても精神的にやられるでしょう?特に現在はドラマー不足なので、みんなドラムが下手でも、性格に難があっても、我慢して一緒に演っている。俺は自分の音楽を表現するのが一番の前提なので、短い人生、そんなメンバーに邪魔されるのが無駄な事。でも、演奏がとびっきり上手くなくても、気が合う仲間とは過去にも一緒に演っているよ。だからそこまで拘ってないけどね。一部の人には誤解されてるけど、非常に心外です!!
 今回も演奏が上手い人や有名人にコンタクトを取ってとかいう売名行為な魂胆はなくて、普段から気の合う仲間達に手伝ってもらおう、ですから。データも、受け取って俺がイメージと違うと思えば、何度もやり直してもらってるし、彼らも納得して、最終的にこっちの想像以上に応えてくれました。どこにも"エゴ"なんて無いので、俺のつまらないタイトルを却下してくれたジャックハマー・アメリカ・チームに感謝してるよ(笑)

◯7曲目から13曲目まではスペシャルボーナストラックとなっていますが、全てがファーストソロアルバムに収録されていた曲です。これらは再録なのでしょうか?若干以前とはアレンジの違う曲もあるようですが?

WARZY ; そうですね。ちなみに曲名に2019と付いているものは、すべて録音し直していると思ってください。ファーストは売り切れたので、プレミア値段で買うなら、このアルバムでもっと良い音になったのを聴いて欲しかった。でもさすがにドラムは録音する時間がなかったので、昔の4トラックで録音したドラムをリミックス・・・そこは音が悪くて申し訳ない。キック、スネア、上に左右2本の合計4本のマイクで、当時はよくアルバム出したよなって思います(笑)

◯「ETENAL RECURRENCE 2019」という曲が、マイケル・ジャクソンに捧げた曲という事を以前、プライベートでお聞きしたことがありますが。

WARZY ; 「キング・オブ・ポップ」を失った事実は、俺の音楽経歴からも無視できない出来事だから。イントロというかAメロは「BEAT IT」からインスパイアされた。で途中のギターだけになる部分は、亡くなった知らせを聞いたときの悲しみのメロディーです。その時に僕の脈拍が乱れたという事実がずっと残っていて、この静かな部分もソロはきれいに拍をあわせずに弾いた。頭とかは合っているけどね。脈"拍"と"拍"子との言葉遊びをソロで表現した。締めもディミニッシュで動揺させているしね。誰もこういうテクニック的な部分は、わかってくれないけど(笑) 

◯「NAMELESS HEROES(名モ無キ英雄)」と「MEGASUCKMAN2019」ではVIGILANTEの丹羽さんがVocalを務めていますね。参加された経緯など教えていただけますか?

WARZY ; 最近のミュージシャンは、あまりつながりが無いので、ハイトーンといえば、昔によく対バンしていた丹羽君しか思いつかなかったです(笑)英詩にしていただいたり、阪南まで来ていただいたり・・・本当に感謝しています!!

◯「MEGASUCKMAN」のサビも面白い歌詞ですねぇ(笑)DANさんが英詞で歌っていた時からここは残っていますね。歌詞は身近な体験談から生まれる事が多いんでしょうか?

WARZY ; どうかな?彼も俺と同様、趣味には「変人的」だから(笑)歌詞も誰もが気付かないような所に良く注目しているよね。今までのNARCOTIC GREEDからそうだった。僕もたまに歌詞を書くけど、彼からの影響が大いにありますよ。

◯他に参加された方がいれば教えて貰えますか?

WARZY ; 一応全員名前は出たかな?あ!ファーストで叩いてくれたドラマー、タイのチェード君は長い間連絡が取れない状態なんで・・・残念。

◯とてもバラエティにとんだアルバムだと思うのですが、作曲などは普段どの様にしていますか?印象的なメロディは次々と浮かんでくるものなのでしょうか?急に降りてきたりしますか?

WARZY ; ある程度、頭の中にありますね。で作曲というかデモを製作する時にそれを録音して、何度も聞いて、誰々に似てないかパクってないかチェックして(笑)でゴーサインですね。ほとんど最終的なデモの段階で、アレンジとか曲構成とか決めてから、メンバーに渡しています。細かいフレーズはドラマーやベーシストに任せています。僕が作った枠内で、僕が想像していたアレンジより素晴らしい演奏をしてくれるメンバーが理想ですね。今、流行の言葉でいう「想定外」ってやつ(笑)Jram氏のボーカルは本当に驚かされましたよ!

◯ソロアルバムと現在活動しているHATE BEYONDでは作曲方法は違いますか?ソロでは全く違う事をしようとあえて考えたりしますか?

WARZY ; 気分が違うかな?ヘイトはジャンルが違うので、よりバイオレンスな気分で作曲しますよ。最近はドラムパターンから作る方が多いです。ソロの方はジャンルが無いので色々試せますね。現在はヘイト・ビヨンドの新作に取り組んでいるので、常にバイオレンスですよ!(笑)

◯次のソロアルバムはいつ聴けそうですか?(笑)

WARZY ; 新譜が出たばっかりなのに気が早い!(笑)ヘイト・ビヨンドの新作の後、3枚ほどアルバム製作の予定があります。地獄の令和の始まりです・・・(汗)ツアーの話もあるので、なんとかそれまでに全部仕上げたいですねぇ。。。ソロはその後かな?ソロの方が反響が良いので、バンドの方にも興味持ってくれるとありがたいですね。

◯今の質問にも近いのですが、今後の活動予定など教えてください。

WARZY ; 自宅にスタジオ作ったので、音楽制作活動は止まる事無いですよ!ジャックハマー・ミュージックもアメリカやヨーロッパでサポートしてくれている方がたくさんいるので、心強いです!ツアーも向こうのエージェンシーが全部出資してくれるので、俺は彼らに恩返しができるように、精一杯プレイするだけ。やっぱりお金にならないと音楽作る気も失せますから(笑)

◯最後に何かメッセージを!

WARZY ; とりあえず「俺の邪魔をする奴は許さない!」あとやる気のあるドラマーやベーシスト、ボーカリストなど遠慮なくコンタクトください!一緒に世界を獲りましょう!しがらみとか気にするのがバカらしいくらい、面白い音楽の世界が待ってるよ。俺が手本を見せてやる!

◯ありがとうございました!
warzy2nd
buynow

『シュレッド ~速弾き~ 中毒!』
ワールドワイドに展開する大阪出身の孤高のギタリストが再び! 世界中の才能あるミュージシャンをゲストに従えて製作された第2弾ソロ・アルバム 指から炎を吹き出しながら、今日もどこかでギターを弾き倒す・・・
warzy2nd
90年代初頭から日本のスラッシュ・メタル・シーンのみならず、海外での活動も行うなどワールドワイドでの活動を行っていたNARCOTIC GREED / HATE BEYONDのギタリスト『WARZY (ワージー) 』による2019年作のセカンド・ソロ・アルバム。
当時からシーン最高水準のテクニックを誇るシュレッド・ギタリストとして定評のあったWARZYが、今作でもその持ち味を出して、思う存分に「これでもか!」と指から炎を吹き出しながらギターを弾き倒しています。
そして今作は豪華な参加ミュージシャン達も非常に魅力な一枚となっています!
アルバム構成は、前半4曲は今回のアルバムの為に書き下ろした曲で、ワージーバンドのメンバー、ベースにはNARCOTIC GREED/HATE BEYONDと常に活動を共にしている千田"ボンバー"雄一、ドラムにはRAGING FURYでも活躍していた小西"イーデッド"壮太がサポートしている。また3曲目と8曲目にはNARCOTIC GREEDのシンガー、東"ダン"涼二が参加していますが、これは昔にレコーディングしたものと同じバージョンです。
そしてボーナス・トラックには、ラウドネスの「DREAM FANTASY」ワージーが尊敬する高崎晃氏に敬意を表し見事にカヴァーされている。こちらはワージーバンドのメンバーに加え、ワージーが長年の海外生活で見つけ出し、その実力に惚れ込んでいる、ノルウェーの「KILGORA」というバンドで活動する "イェラム (Jon-Egil "Jram" Ramslie)"がボーカルを担当し、オリジナルの二井原実氏のハイトーンにも引けを取らない歌唱力を発揮しています。
もう1曲のボーナス・トラックには、全米・全英ヒットNo.1を記録した永遠の名曲、ブロンディの「CALL ME」。こちらにはアメリカはアラバマのパンク・ロック・バンド「FUTURE HATE」の紅一点ボーカリスト"ミランダ (Miranda Macabre)"が担当。ベースとコーラスに、同じくアラバマ出身の"イアン (Ian Combs)"、ドラムにはワージーバンドの小西"イーデッド"壮太、ギターの効果音とコーラスに「FUTURE HATE」のギタリスト"デニス (Dennis Hyland)"、そしてコーラスに大阪のメタルバンドの重鎮「RAGING FURY」の"ヘルウォー (HELLWAR)"が参加しています。
そしてスペシャル・ボーナス・トラックとして、ソールド・アウトとなった彼のファースト・ソロ・アルバムが一部再録&全曲リマスターされて収録。すべてのギターは録音し直され、12&13曲目には日本のパワー・メタル・バンド「VIGILANTE」のボーカリスト丹羽英彰が参加!オリジナルでは"ダン"が作詞と歌を担当していたのだが、今回は丹羽氏が歌詞も英語でアレンジ、最高のパフォーマンスを披露している。
アルバム・ジャケットはベネズエラのアーティスト"ジーザス・リスタ"氏による、このアルバムの為に描いていただいたものだ。
近年は自身のシグネチャー・エフェクター「WARZY DRIVE」の開発者としてギタリストの間で高評価を得ているWARZYが、本来のギタリストとしての手腕を遺憾なく発揮したアルバム第2弾です。

販売元:JACKHAMMER MUSIC JHM-573
JANコード / ISBNコード : 4560329809297
発売日 : 2019年11月21日(木)価格:¥1,818(税抜)
帯付き 日本盤CD

ジャックハマーミュージック通販のみ特典:A3ポスター2枚(2種類、各サイン入り)を1つの額にまとめて入れて発送します!2018年9月の台風21号が移転直後のジャックハマーに直撃、その補修費に充てる寄付と思って購入していただけると助かります。


-English version -

DOPPELGÄNGER'S DECEIT is the second solo album by internationally acclaimed guitarist WARZY, and is an absolute firestorm, ignited by the ferocious speed and fire of this Osaka shredder’s hands. Katana claws of pure heavy metal!
As far back as the late eighties, Warzy has carved a special distinction for himself in heavy music, from his roots in the Japanese hardcore band Inzest, to his revered band of the nineties Narcotic Greed, and his continual work with thrash metal giants HATE BEYOND.
The one constant being passion, aggression, and a technical ability that is unmatched.
That is Warzy, as he continues to defy expectations with a new offering of powerful compositions and tributes, inspiring a new generation of shred guitarists all over the world.
This record is a rager, and a hell of a ride.
The metal myriad of guests include Yuichi “Bomber” Senda (Hate Beyond), Hellwar and E-Dead (RAGING FURY), and Ryoji "DAN" Azuma (Narcotic Greed). Also included is an absolute killer rendition of the LOUDNESS classic “Dream Fantasy” recorded as a tribute to, and with the blessing of the man himself Akira Takasaki! The vocal acrobatics are met head-on by Jon-Egil “JRam” Ramslie of the Norwegian band Kilgora.
Also gracing the album is the phenomenal Hideaki Niwa, of Japanese prog-metal band VIGILANTE (featured on VH1’s Metal Evolution). Niwa along with Warzy have rearranged and re-recorded two slammin’ songs from the out-of-print first WARZY record, “State of War.”
Adding dangerous fun to DOPPELGÄNGER'S DECEIT is the bonus BLONDIE cover, “Call Me” featuring Miranda Macabre of the American punk band Future Hate. An energetic and grimey collision.

Key Selling:
・Second solo record from Hate Beyond’s master guitarist, with a worldwide fan base
・Warzy is also developer of the WARZY DRIVE guitar effects pedal, manufactured by Shark Effect
・Guest artists from Japan, Europe, and USA
・Includes covers of LOUDNESS and BLONDIE

Distributed by JACKHAMMER MUSIC USA
JAN/ISBN : 4560329809297
Release date : Nov,22th,2019

buynow

1. まず初めに、今回の最新アルバム『グロテスク・マスクド・クラッシャー』のレコーディングはどうでしたか?

HELLWAR(以下H):まず、現在のメンバーは、TOYOZO "ZAP‐T'' YAMADA(G)とHARUO "HELLWAR'' NAKAGAWA(B&Vo)の2名で、今回レコーディングに参加してくれたSHU(Dr)は、CASBAH / INY9UORITY のメンバーです。ギター、ベース、ボーカルやコーラスなどのレコーディングは全て、大阪の HATE BEYOND のギタリスト WARZY 所有の "STUDiO FACE" にて行いました。ドラム・トラックは、東京の "Void)))Lab" でのレコーディングです。
facebook10
2. ジャケットのデザインについて教えてください。

H:ジャケットのアートワークを手掛けてくれたのは友人の松浦氏で、「醜い鉄の仮面によって封印されていた己の力を自ら取り戻した3頭の狼男が、彼等を殺す為に送り込まれて来る刺客を次々と倒して行く」というコンセプトでイメージを伝え、彼がそこに自らの解釈を入れ、80年代HEAVY METAL風タッチの見開きジャケット・アートを見事に描き上げてくれました。前作「BLACK BELT」のジャケットのアーミー服を着た男が登場したりと、ちょっとした遊び心も取り入れてくれています。3頭の狼男は、RAGING FURY のアグレッションの象徴であり、キャラクターであり、俺達がトリオ編成のバンドである事を表しています。
facebook3
3. このアルバムを製作するにあたり、何かイメージしていた事とかありましたか?

H:アルバム制作を始めた時点で用意出来た曲は数曲しかなかったので、約1ヶ月に1曲のペースで新曲を書き上げて行きました。俺達にとってはなかなか厳しい作業でしたが、アルバムを出すという強い意志を持って臨みました。
SHU も協力してくれて、難しい曲にも果敢に挑んでくれました。俺達にとっても非常に心強かったです。
制作に関してイメージした構想というのは特にはありません。用意した10曲はそれぞれ色が全く異なりますが、そこは RAGING FURY という柱がしっかり支えているので、アルバム全体を通しても全くブレる事はありませんし、色の違う曲を、これで間違いないと言う絶対の曲順で配置する事により、アルバムにも大きなうねりを持たせる事が出来ました。

4. 今更ですが(笑)影響されたバンドなどがあれば教えてください。

H:個人的に影響されたバンドを挙げれば ZAP-T も俺もキリがありませんが、バンドの結成に大きな影響を与えたのは、トリオのバンドとはとても思えない演奏と個性的な楽曲で俺達を魅了したTANK, VENOM, RAVEN 等、多くの野心的なバンドです。

5. では1曲ずつ、解説してもらえませんか?

①THE DEMONIC BEAST FRONT
H:大好きな漫画家、石川賢の代表作「魔獣戦線」をベースに、外見は人間だが体内に数頭の獣を宿した魔獣達の生存を掛けた闘いと、機械支配の文明、望めない暖かく柔らかな未来、悲鳴を上げる地球をテーマに歌っています。またサビで出て来る「Mad beast missiles」は、どうしても歌詞に書き入れたかった言葉で、元々はある国から受ける脅威について歌詞を書くつもりで、その時の仮タイトルが「狂獣ミサイル」だったからです。8分に及ぶ大作ですが、決して長さを感じさせないドラマチックな展開が光る、真骨頂を発揮した1曲です。

②DIE MACHINE
H:「DIE」「MACHINE」をキーワードに、歌詞の内容が日本詞と英詞で異なるという奇抜な曲です。日本詞は特撮時代劇の傑作「大魔神」を題材にし、英詞の方はバンド自身の事を歌っています。アグレッシヴに疾走するこの曲は、正しく俺達の新たな代表作と成り得るパワーを持っています。タイトルの「DIE MACHINE」は「大魔神」をもじったもので、英語的意味は全くありません。ちなみに当初用意していたタイトルは「FURY MACHINE」です。

③CAIN ROSE UP
H:現在も世界の至る所で起こっている銃による無差別殺人の悲劇。スティーヴン・キング原作の短編「カインの末裔」をベースにしており、2002年にリリースした「THE AGGRESSION AND THE FURIOUS DEMO '02」 に収録されていた同曲を今回新たに録り直し、元は英詞だった歌詞を日本詞に書き直して、より冷酷な面が強調されています。ヴォーカル自体も他の曲とは明らかに異なり、ナイフの様な切れ味を持っています。特別な思想を持った誰かだけではなく、全ての人にその引き金があるという危険性を歌っています。

④THE BRAIZOR
H:タイトルは「無頼」「雷蔵」「カミソリ(RAZOR)」をミックスした造語で、凄惨な修羅道を生きる者の歌です。この曲の日本詞は前作「BLACK BELT」で試みた作風をより発展させたもので、言わば一つの完成形だと思っています。ヘヴィに押しまくる前編とアップ・テンポで盛り上がる後編という曲展開は、88年に発表した“THE RATTLESNAKE RULES~GUNSLINGER”と同じスタイルなのですが、約10分にも及ぶこの曲は、更にアグレッシヴにドラマチックに聴かせます。「THE DEMONIC BEAST FRONT」同様、長さを感じさせない構成力はここでも発揮されています。

⑤MORPHINE
H:日本でも深刻な問題である「いじめ」を、加害者でも被害者でもなく、現場に居合わせる第三者の視点というテーマで歌詞を書き始めたのですが、書き進めて行く内に言葉が暴走し始め、どんどん過激な方に進んで行き、当初のテーマの枠には収まらない内容となりました。元々は「...AS A COWARD」というタイトルを付けてましたが、あるニュース番組を見ていた時に思い付いた「MORPHINE」に改題しました。歌詞の内容とは裏腹に、アルバムの中では一番キャッチーな楽曲です。

⑥BREAKNECK SPEED
H:実兄 Tomoji が在籍した京都の SPELLBOUND のカヴァーで、俺が長年音源化を熱望して来た思い入れのある曲です。今回 Tomoji も参加してくれて、ギター・ソロを弾いています。MOTORHEADを思わせるシンプル且つストレートな問答無用のヘッド・バンギング・ナンバーで、ライヴで盛り上がる事間違いなしの1曲です。

⑦GARTHIM SHELL
H:友人である BIRUSHANAH の SANO 氏とコラボした曲で、彼のメタル・パーカッションを全面にフューチュアしたダークなインストゥルメンタル・ナンバーです。前作では出来なかった事をやろうと考えていたアイディアの一つがコラボレーションで、俺達が出す事の出来ない音は何かと考えた時に真っ先に思い浮かんだのが、SANO 氏のメタル・パーカッションでした。ギターレスで、ベースとドラムのキックだけのフレーズの上に SANO 氏のパーカッションを自由に付けてもらおうというのが元々の構想で、最終的にはベース・トラックだけを生かし、SEとパーカッションのうねりに合わせたコーラスを付けた事により、当初考えていた以上の曲に仕上がりました。タイトルの意味は比喩的表現で、「死してもその姿を残す者」。

⑧F.U.R.Y.
H:82年の結成当時、初めて作ったオリジナル・ナンバー「RAGING FURY」のリフやフレーズをフィーチュアしたインストゥルメンタル・ナンバーで、特に印象的なギターのメロディーを持ち、重戦車の勢いで突進する王道メタル・アンセムです。

⑨GROTESQUE MASKED KRUSHER
H:「CAIN ROSE UP」と同じく「THE AGGRESSION AND THE FURIOUS DEMO '02」に収録された「THE GROTESKRUSHER」の録り直しですが、タイトルの変更、歌詞の大幅な書き変えによって、更に鋭さを増したキラー・チューンに仕上げました。これまた大好きな漫画家、風忍の最狂傑作「地上最強の男 竜」を題材に、バイオレントな歌詞とスリリングに展開する曲構成が魅力の1曲です。タイトルの頭文字を取ると、あるゴジラ映画の略称と同じになります。よってこの曲のタイトルをアルバム・タイトルにする事は、俺にとっては必然でした。

⑩THRASH METAL DRAGON,BLACK LEATHER TIGER
H:ブルース・リーを発端とする、70年代に大ブームとなった一連の空手映画にオマージュした、非情なるインパクトでファストに畳み掛ける、アルバムのラストを飾る為に書かれた曲です。タイトルは、当時の空手映画の定番キャラ「ドラゴン」「タイガー」に「THRASH METAL」「BLACK LEATHER」を掛け合わせた造語で、当時の空手映画のタイトル風に表現しました。英語的意味は全くありません。言葉が持つ非情なるインパクトのみです。

6. どの様に曲作りをしていますか?私が思うに、曲構成が凄く練られているとおもいますが、それは最初から?それとも基本のアイディアから、バンドで音を出してみてから変更していく?

ZAP-T:おっしゃる通り、最初からある程度曲として出来上がってからスタジオに持っていく場合もあるし、スタジオで少しづつ作り上げていく事もあるけれど、今回はいつもと違い、リフやメロディより先に DAW でリズム・パターンを打ち込み、それにリフを乗せて作曲した曲もあります。1曲目と10曲目がそのパターンで出来た曲です。

7. 歌詞も非常に細かくアイディアが練られていて、言葉遊びというか、読んでいるだけでワクワクします。私がレコーディングをお手伝いさせていただいている過程で感じたのは、やはり日本のバンドなので日本語で歌う方が、歌うリズムに勢いもあるし(結果的に曲が生き生きしている)バンドを表現するのに適していると感じました。その辺はどうお考えでしょうか?

H:2010年の「ZANBA-SWORDKILL DEMO」収録の「GGGWWWAAARRRHHH」や前作「BLACK BELT」の「CHAOS REIGNS」「SUSPICION AND FEAR」の歌詞を書く上で、再度日本詞にチャレンジし、言葉を選び、変化を付け、変形させる作業がとても面白く、日本詞の楽しさ、魅力を再発見しました。今作では前作より更に進歩した歌詞を書く事を意識し、大胆な言葉も臆することなく使いました。今ではバンドのイメージに「和」を強く感じる方も多いと聞きます。曲を書く過程の中で歌詞は英詞がいいのか、日本詞がいいのかが自然に決まって来るので、俺は意識して「和」を強調してるわけではありませんが、そのイメージが俺達の持ち味になっているのも確かな事の様です。

8. 現在は「将来、バンドで食っていく!」っていう、若い世代がいなくなり、趣味でやっている人ばかりのような気がします。ライヴはコピーバンドばかりだし、オリジナルなスタイルで勝負しているバンドもほとんどいません。このような時代で良いメンバーを探すのは大変なことではないですか?それとトリオ編成にこだわっていますか?

H:俺自身、音楽をプレイする楽しみにおいては、コピー・バンドも全然ありだとは思いますが、現在の日本の音楽シーンは非常に掴み所の無いものになっている様に感じますし、それは当然、音楽を聴く手段の変化も大きく関わっていると思います。そしてそこには明らかな「意欲」の差があると思います。それは音楽に限らず、物に対しても大きく当てはまると思います。時代との関連性は分かりませんが、そう言う意味ではなかなかドラマーは見つけ難いかもしれません。俺達が惚れ込んで聴いて来た音楽には正しくルーツがあり、それを取り込む事で頭の中の引き出しが増え、消化し、再構築し、俺達の音楽としてプレイすると言うこのスタイルは、これからも決して変わる事はありません。これは「欲」なのです。俺達は良い音楽をしっかり継承して行き、そして「表現者」として俺達の音楽を今後も発信し続けて行きます。
もちろんトリオ編成にはこだわっています。国内外のトリオ編成のバンドの素晴らしさ、カッコ良さを知っているからで、俺達もその中の1バンドでありたいと思っています。

9. 1982年に結成と考えると、結成から約37年になります。紆余曲折ありましたが、過去を振り返るとどうですか?あの時こうしていれば「違った現在がある」とか考えますか?

H:バンドを作るのは「人」です。人との出会いがあって初めてそこから音楽が生まれます。過去を振り返ってバンドに関わってくれた方々の事を思うと、それこそが現実であり、それこそが RAGING FURY の歴史なのだと痛感します。様々な局面がありましたが、関わってくれた方々の力があって乗り越えて来たからこそ今の RAGING FURY が存在していると強く思います。俺達はこれからも前を向いて走り続けます。

10. これは毎回どのバンドにも聞くのですが(笑)音楽はアナログに始まりカセットテープ、CD、そして現在はストリーミングサービスが支流になっていますが、それについてバンドはどうお考えですか?

H:エンタテイメントがスマホ1つで手に入る時代になりました。今や音楽や映画が最大の娯楽という時代は終わりました。音楽も映画も現場に足を運ばなくても簡単に楽しむ事が出来ますし、手に入れる事が出来ます。レコードやカセットはCDへ、8ミリ、ビデオ、LDはDVD、Blu-rayへと進化して行き、当然古い物はどんどん姿を消して行きます。ただ、失われたものに対し再び脚光が当たるという風潮があるのは今も昔も変わりません。レコードやカセット・テープが今また見直されているのも事実です。ですが、今後またどの様に音楽の聴き方が変化するのか全くわかりません。結局、楽しみ方は個人で決めれば良いのではないでしょうか。俺の考えは古臭いもので、決して今の時流に乗ってはいません。そしてその考えを他の人に押し付ける気も全くありません。俺達は信じた音楽を追求し、表現し続ける事しか出来ないでしょうし、そうする事が最善の形だと考えています。

11. ジャックハマー・ミュージックによって北米を中心に全世界にCDが流通されていて、当初の予想を上回り追加注文で大変ですが、この現象はどうお考えですか?やはり日本語で歌っている曲が含まれていたり、アニメや特撮の影響とか?とにかく反応が凄く、とても良い現象です!また海外でライヴをやる事についてどうお考えですか?

H:今回の反響に際し俺が思うに、ZAP-T の書く楽曲がとてもユニークで素晴らしいのと、怪しげな英語、歌詞のテーマのオタク度の高さ等が興味をそそる対象になっているのではないでしょうか。アニメであれ映画、音楽であれ、異文化の考え方や表現に触れるのはとても刺激的です。先にも言いましたが、俺達は信じた音楽をプレイしているだけで、多くの方が RAGING FURY の音楽を楽しんでくれているのなら、それはとても嬉しいですし、素晴らしい事です。
海外でやる事については、機会があればその可能性も十分視野に入れます。その為には、こちらもしっかりと体制を整えておく事が重要です。

12. 今後の予定などどうでしょうか?

H:ドラマー不在の今でも俺達は常にスタジオに入り、練習を怠ってはいません。ドラマーが見つかれば早くにライヴ活動が再開出来る様、三位一体で頑張ります。

13. 最後にこのインタビューを読んでいるみなさんにメッセージを。

H:いつもRAGING FURYを応援して頂き、本当に感謝しています。Newアルバムも気に入ってもらえると凄く嬉しいです。そしてまたライヴ会場で皆さんと会えるのを楽しみにしています。ありがとうございました。


burrn5
buynow

ORTHOSTAT

ブラジル出身。ブラスト炸裂、ゲロボエ喉音ボーカルが特徴のデス・メタル。2015年に結成してようやく発表された待望のファースト・アルバム。INCANTATION, AUTOPSY, BROKEN HOPE タイプ!全8曲収録、収録時間約49分。

2019年9月30日 発売

buynow

2018年12月に2枚目にして最高傑作のアルバム『Unveiling Insanity(狂気の幕開け)』をリリースしたヨルダン出身の3人組 EXILE (エグザイル) のインタビューを!!

1.まず初めに、アルバムのレコーディングやジャケット・デザインについて教えてください。

NADER (Guitar and Vocal) ; ハイ!私はEXILEのギター&ボーカルを担当しているNADERといいます。インタビュー大変ありがとう!
 まず、アルバムのレコーディングについて。我々は各自それぞれの家やスタジオで、リフなど思いついたアイディアを録音し、お互いにメールなどで送りあって、アレンジが必要であれば各自でアイディアを出し合って、アルバム全曲を仕上げていくようにしたんだ。だからもの凄く出来上がるのに時間がかかったアルバムだよ。ミックスとマスタリングはfacebookで見つけたフランスの『SILVER STEEL STUDIO』のYass Omriという方にコンタクトを取り、どの様に仕上げて行くかを議論しながら、最終的に彼と契約を結んだんだ。これは俺の個人的意見だけど、非常に優れた音質で興味深いサウンドになったと思うよ。
 アートワークの基本的なデザインは俺が考えた。アルバムの収録曲からインスパイアされたもので、3つの異なる要素があって、メインキャラクターはタイトルの『Unveiling Insanity(狂気の幕開け)』を表していて、その背後にある不気味な家は『House Of Fear』という歌から、氷の山から人々が降りてくる丘は『City Upon A Hell』 という曲からインスパイアされてるんだ。そのイメージをコロンビアのアーティスト『Juan Carlos G.』に伝えると、非常にアメージングな作品に仕上げてくれたんだ!彼はメタル・ミュージックを聴くので、我々のデザインを担当することにも非常に興奮していたよ。

exile
2. それぞれの収録曲について教えてくれませんか?

NADER ; 『1. City Upon A Hell』は、ファースト・アルバムの録音した後すぐに書いたんだ。“Slavery By Consent”というドキュメント番組から触発された内容だよ。たぶんYouTubeでも観ることができるんじゃないかなぁ。それは非常に興味深いトピックについて議論されていて、我々が住んでいる世界について考えさせる内容だよ。
『2. Earthly Cloak』は地球上の隠された事柄、人々がさまざまな視点から自分の人生をどう見ているか、そしてその考えを人生の究極の真実から、あなたの目をどのように覆い隠すかについて。 しかし、たとえ人生について異なる見解を持っていたとしても、私たちは皆、死ぬ事になるんだ。
『3. Unveiling insanity』アルバム・タイトルにもなっているこの曲は、連続殺人者がどの様に考えてターゲット、つまり犠牲者を選ぶかについて、を歌っている。
次は『4. Into the Uncertainty』実際、この歌はパニック発作とその不安について歌っています。私も過去にパニック発作を経験し、その不安が他人にどのように感じさせるか、という非常に厳しい時期を経験しました。 それはあなたが現実を知覚する方法に転じます。 これらの私の辛い経験から、すべてが不明瞭で歪んでいました。 私は死と、どういう風に死ぬかについて多くのことを考えていましたが、これは珍しいことです。 ですから、私は暗い思考のすべてを紙に綴り、それらが本物であるように向き合い、それらに対処するのは良いことだと思いました。
『5. House of fear』これは前の曲と違い、それ程重くないテーマで(笑)簡単に言えばお化け屋敷の歌で、その屋敷に入ると皆、狂ってしまうという。。。(笑)
『6. Instru-Mental』これは前に曲に続いていて、アウトロみたいな感じ。いわゆる歌無しのインスト曲で完全に狂気を表しています。
『7. Twisted (being)』これは俺の人生で出会った男についてであり、誰かが彼について私に尋ねた場合、私が彼について説明する方法、について歌ったもの。
『8. Indulgence in Depravity』この歌は、夢と、夢が私たちの本当の姿を見せるためのポータルであることについて。 社会が私たちに課している制限のために、人々は本当の感情と暗い考えを隠す傾向があるんだ。だから、誰かが眠りにつくと、その人の本性が制限なしに現れ、この「病気」が勝つんだ。
最後はこの曲『9. Sickening creature』しかしこの曲もさっきの『7. Twisted (being)』で歌った奴についての曲だ。病的な奴について(笑)

3.影響されたバンドを教えてください。

NADER ; たくさんのバンドに影響されていますが、このアルバムについては特にDeath, Infernal Majesty, Obliveon (Canada) , Hexenhausなどかな。普段はDeath, King Diamond, Dark angel, Testament, Demolition Hammerなんかが好きだよ。
Ibrahim (bass)はChildren of bodom, Ensiferum, Arch enemy, Control denied, Kreator、
Tayyem (drums)はCandlemass, Testament, Death Angel, Death, Overkill, Destructionが好きだそうだ。好みは少しずつ違うね。

4. どの様に曲作りをしていますか?私は変拍子を多用して、中東の雰囲気を残しながらも素晴らしいメロディの曲展開が気に入っていますが・・・

NADER ; 今回のアルバムは特に暗い雰囲気、奇妙で狂気な感じを意識して曲を作りあげました。普段は何も考えずギターを手にして作曲をするのですが、今回は前のアルバムよりも作曲スキルやギターテクニックも向上しているので、さらに一歩踏み込んで、やや挑戦的なリフに挑んでいます。まさに君が感じた通りだよ。前のアルバムより進化するのは当然だし、地元のバンドとは一線を画したかったしね。

exile


5.バンドの演奏水準も非常に高いのですが、ヨルダンで良いメンバーを探すのは大変なことではないですか?

NADER ; 我々はバンドをする前の、昔からの長い友達だったので、メンバー間の相性は非常に良いんだ。まあ、ここで才能があるメンバーを見つけることもできるが、バンドの方向性や我々が長い間かけて構築した人間関係とか、全てを同じような水準にするには、そう簡単にはできないだろうなぁ。

6.凄くつまらない質問ですみませんが、バンド名を『EXILE』としたのは?全世界にメタルバンドだけでも17バンド以上いるらしいですし、ここ日本には凄く有名なポップグループもいます。

NADER ; そうだなぁ、命名した2008年EXILEという名前のバンドが他にもいるかなんて考えもしなかったし・・・ただ、バンド名の由来は、我々全てのメンバーが占領地(パレスチナ)出身でもあり、我々の家族がイスラエル軍によって、故国から追放されたという事実に由来しているためなんだ。

7.オンライン・ミュージックが支流になっていますが、バンドはどうお考えですか?

NADER ; 我々もデジタル音源でも同時に配信している新世代のバンドなので、CDやLPなどのアナログも含め、我々の音楽が世界中に広がるのであれば、どのような形態でも賛成だよ。俺の周りの多くのファンや、世界中でもCDを購入しているファンはたくさん存在するよ。あとLPを購入する熱狂的なファンも増えてきた。そのうちCDの時代も復活すると思うよ。

8. 今後の予定は?

NADER ; 現在、アルバムではなく、何か新しい試みをしようと4曲ほど新曲を用意したんだ。まだ、どうなるかはわからないけど、何か起こると思うよ。

9.日本についてどうですか?

NADER ; ああ、日本のスラッシャー達が我々のアルバムに耳を傾けて、CDを購入してくれると最高だよ!シーンもとても素晴らしいと聞いているしね。いつか日本でライヴができればとてもエキサイティングなことだよ!!

10.では、最後に何かメッセージを!

NADER ; インタビューとてもありがとう!!それから日本のメタル・マニア達、トレンドやファッションで音楽を聴かないで、自分を信じて真の最高の音楽を聴き続けろ!そして俺達の様にメジャーじゃなくても、世界中にはたくさん良いバンドがいるので、サポートしてあげて欲しい!いつか会える事を願っているよ!!




buynow

日本は大阪が誇るアグレッシヴ・スラッシュ・メタル・バンド『レイジング・フューリー 』が3枚目フルアルバム『グロテスク・マスクド・クラッシャー』をリリース!ジャックハマ・ミュージックが2019年8月8日、ここ日本から全世界へ向けて配給決定!
raging-3rd
『魔獣戦線!猛狼激殺!!』
爆走ライディン!暴走ドライヴィン!そして哀愁の戦慄!!
ビルドアップされた音筋肉全開で突進する怒りの獣戦車!!
ジャパニーズ・スラッシュ・メタル・シーン屈指のパワー・トリオが放つ巨弾3rdアルバム!
アグレッション!パワフル!ブラッド&ガッツ!!
RAGING METAL 此処に極まれり!!

販売元:レイジング・フューリー RDF-002
配給;ジャックハマ-・ミュージック
JANコード/ISBNコード : 4560329809280
発売日 : 2019年8月8日(木)価格:¥2,314(税抜)
初回特典:オリジナル・ステッカー(封入ではありません)


-English version -

True Japanese underground. RAGING FURY strikes hard with their third full length album, Grotesque Masked Krusher, a curious yet aptly titled record from the power trio that has not only kept the Japanese metal scene alive but made it thrive and thrash! This music is scraped from the Osaka underbelly, and plays like a thrash metal score to a Kaiju film directed by Shinya Tsukamoto (Tetsuo), where Godzilla would emerge not from the sea, but from the sewer. A rain of bullets, a bloody battle, and a throng of wolf-men collide on this album that is truly Metal, and distinctly Japanese which sets it apart from anything else. No lipstick, no campy theatrics, just pure genuine Street Thrash played with intensity, and authenticity. It's blood and guts!

Distributed by JACKHAMMER MUSIC JAPAN
JAN/ISBN : 4560329809280
Release date : Aug,8th,2019

buynow

Chainsaw Disgorgement

 アメリカ出身。ブラストとネットリとした喉音ボーカルが特徴のスラミング・ブルータル・デス・メタル。2018年12月にデジタルのみでリリースされたファースト・アルバムに、たった25本のみしかリリースされなかったファースト・デモテープの3曲を、ボーナス・トラックでプラスされCDでリリース!全11曲収録、収録時間約26分。

2019年8月2日 発売

buynow

SOLACE OF THE VOID

 カナダ出身。シンフォニック・ブラック・メタル。メインはギタリスト2人によるバンドですが、錚々たる20人ものカナダで活動するブラック・デスメタルのメンバーがゲストで参加しているという、強烈なアルバムになっています。

David Parks of Dark Forest (vocals)
Timothy “Voldemars” Johnston of Hexenklad, Eclipse Eternal (vocals)
Jeff Mott of Hollow, Hands of Despair (vocals)
Joel Violette of Thrawsunblat, Woods of Ypres (vocals)
Morgan Rider of Vesperia, Crimson Shadows, SIG:AR:TYR (vocals)
Jon Doyle of Battlesoul (vocals)
Andrew Chalmers of Hexenklad, Pagan Ritual, Panzerfaust (drums)
Evan Johnston Of Eclipse Eternal, Burn to Black (drums)
Nicholas Ireland of Battlesoul, SIG:AR:TYR (drums)
Dan Ayers of Sludgehammer (bass)
Jon Ferreira of Panzerfaust (bass)
Jon Kal of Hexenklad, Pagan Ritual, Fallen Legion (bass)
Clare B. of Hexenklad, Eclipse Eternal (keys)
Dean Arnold of Vital Remains, Primal Frost (solos)
Nigel Kay of SIG:AR:TYR (solos)
Ryan Hofing of Crimson Shadows, Remain (solos)
Raphael Weinroth-Browne of Musk Ox, The Visit (cello)
全6曲収録、収録時間約46分。

2019年7月26日 発売

buynow

savagez

 ブラジル出身。一風変わったリフと曲展開が特徴のテクニカル・デス・メタル。赤毛の紅一点女性ボーカリスト『アニーシャ』がいるので、見た目でどうしてもARCH ENEMYを想像してしまう。2014年に結成され、翌年に"Anima Igni"というEPをリリースする予定だったが、直前のメンバーチェンジによりキャンセル。このアルバムは満を持してのファーストアルバムとなる。全10曲収録、収録時間約40分。

2019年7月19日 発売

buynow

kobold2

 セルビア出身のハイトーン・ボーカルが気持ちいい極上パワー・スラッシュ・メタル。これはやばい!!日本盤が出てもおかしくないくらいの、日本人向けハイトーン・メタル。ドイツの「リビング・デス」の再来か!サウンドプロダクションも力強く、大注目バンド。セカンド・アルバム。全7曲収録、約39分。

2019年7月1日 発売

buynow

1.最新作『 ルースリス・アグレッション / 容赦なき攻撃』について教えてください。

WARZY (Guitar) ; よろしくです!このアルバムは我々ヘイト・ビヨンドにとって5枚目のアルバムになります。

JO (Drums) ; どうも、ドラムのジョーです。まずヘイト・ビヨンドに正式に加入できて嬉しく思います!ジャケットのデザインはとてもいいね!触手なんかはH. P. Lovecraft みたいな・・・デザイナーの人は個人的には知らないけど、アルバムの雰囲気を良く表現したデザインだと思う。

MORENO (Vocal) ; 彼は "Stan W Decker" といって VANDEN PLAS, MEGADETH, STRYPER, NIGHT RANGERなどのジャケットのデザインを担当している超有名な画家だよ。前にいたバンドのアートワークも担当してくれたことがあるので、彼のことは良く知ってるよ。

WARZY ; それと我々の4枚目のアルバム "VERGE OF DEATH" のヨーロピアン・バージョンのデジパックのレイアウトも彼だ。

facebook4
2.各曲について教えてください。

MORENO ; 歌詞の内容は全体的に実生活に基づいた事とか。例えばクレイジーで暴力的な人々、殺人、拷問、宗派。。。1曲ずつ振り返ってみると、"Decomposed" はクレイジーでサイコパスの男について、彼は巧みな技術で分解した死体を、見たり味わうのが好きで、彼はジュース(体液)を飲む....といった内容。"The Incident Began"はブランチ・ダビディアンという宗派に対するFBIの間違った解釈をテーマにしている。しかしながら、彼らは攻撃する実行日の前からすでに多くの人々を殺している。

WARZY ; "Greedy For Fame" は自分が書いた歌詞。強い奴や権力のある奴にしかゴマを擦らない、自分自身を持ってないタフィオール(Tafiole・糞オカマ野郎)の歌。俺の歌詞は本当に個人的な実体験が多いかな。とにかく俺の周りは裏切り者が多すぎる・・・(笑)

MORENO ; "Future Burned"は、クレイジーな爆弾野郎が人々の考えを変えたい一心で、世界中を爆破したがってる、って内容。核兵器がそうじゃない?

WARZY ; "The Nemesis"も俺。3枚目のアルバムに入ってる "SOUTH BACK STABBED" もそうだけど、もう、北朝鮮の歌(笑)自分が世界を動かしているように見せているけど、現実は彼も誰かに操られている、っていう悲しい歌。。。

MORENO ; "Red Eyes"は、堅実で立派な人物が、ある日ヘロインを味わってからは完全にソレの虜になる。そして彼は大きな多国籍企業のためのヒットマンになるまで連続殺人犯の長い経歴をスタートさせる。。。最後は"Blood Stuck"。現代の子供達の曲で、彼らは現在、混沌と暴力、苦しみの世界に生まれてきた。その中で唯一生き残る方法「殺し合い」を選択するしかない。。。っていう内容。

WARZY ; あと2曲インストが入ってる。実はこのアルバム用に曲を書いている時は、まだ前のボーカリスト(ZIN~ジン)が在籍していたので、モレノのイメージで曲を書いていないから、たぶん歌詞を載せるのに苦労したんじゃないかな?

MORENO ; "Decomposed" や "Blood Stuck" のような速くてテクニカルな曲がヘイト・ビヨンドのイメージだと思う。その様な曲があと2曲くらい入っていても良かったと思うよ。次のアルバムは最初から関わるだろうから楽しみだ。

JA (Guitar) ; で、ボーナス曲の "Live Wire (Mötley Crüe Cover)"、グラム・ロックの頂点だよね。最高に決まってる。だれが選んだの?

BOMBER (Bass) ; アルバムのボーナス・トラックにカヴァーを何か入れたい構想があって、モレノさんとワージーさん、そして自分自身もモトリークルーは好きなバンドの一つでしたので、カヴァーすることになりました。

WARZY ; メンバーの共通点がモトリーだったから。。。まあ自然と。。。

JO ; 俺が叩いていればもっと速いスラッシュ・バージョンになったんだけどなぁ~(笑)

MORENO ; この曲を初めて聴いたのは14歳の頃なので、いつかは自分のバンドでこの歌を歌いたかった。他のバンドでは叶わなかった事だったので、ヘイト・ビヨンドでこの曲を歌ったのは夢のようだ。

3.影響されたバンドやミュージシャンってありますか?

MORENO ; 自分の唱法は Napalm Death の Barney Greenway や Cannibal Corpse の George Fisher から影響を受けた。ヘイト・ビヨンドではもう少しスラッシュ寄りに歌うように心がけてます。

BOMBER ; たくさん好きなバンドやべーシストはいますが、影響というか特に目を惹いたのは海外ではアイアンメイデンのスティーブハリス、国内ではルナシーのJですね

JO : 自分はオールドスクールスラッシュバンドが好きで、例えば KREATOR, SLAYER, DARK ANGEL, DESTRUCTION, DEATHROW, HOLY TERROR, VIOLATOR, SEPULTURA, WHIPLASH... あげればきりがないね。。。www 要はスカンク・ビートを多用するバンドが好きなんだ。でギターはピュア・イーヴィルというか速くてノイジーで・・・オールドスクールスラッシュの典型だね。そこから派生したブラッキーなスラッシュ、NEKROMANTHEON, AURA NOIR, DEATH HAMMERの様なのとか、ブラストを多用したMORBID ANGEL, SUFFOCATIONなんかのデスメタルも時には好んで聞くよ。まあ、このジャンルを聞き始めたのが11歳でハードロックだったし、パンクロックやハードコア、ジャズやフュージョンといった音楽も聴くし、メタル以外のフレンチポップとかも聴くけど、今はとにかくスラッシュにはまってる。

JA ; 俺はHelloween, Blind Guardian, Immortal, Dying Fetusなんかが好きかな。とにかくクールなバンドをたくさん聴くよ。

WARZY ; 古くはレイジー~ラウドネスから俺のハードロック人生が始った。学校を抜け出して、公開録画を梅田にあった朝日放送まで毎週観に行ってた。そこでラウドネスもよく出ていて、すごく衝撃を受けたなぁ。だから基本は高崎さんから影響を受けている。他のギタリストでは Kiko Loureiro や Guthrie Govan かな。。。

4. 歌詞や作曲はどのように?

MORENO ; 歌詞を書くときは、より良い作品が書けるように、頭の中をリラックスさせ、殺人を心に忍ばせて(笑)書いてる

WARZY ; 自分は主人公を作らない事を心がけているかな。曲はもう誰々のコピーにならないように。運指や弾き方も変えたり、とか。とにかく、人にコピーさせない(笑)

hb5th_base
HATE BEYOND / Ruthless Aggression - CD
RUBICON MUSIC 2018 RBNCD 1602 CD   JAN/ISBN : 45603298060293
発売日 : 2018年5月2日   定価 2,381円 (税抜)


5.2017年6月に行われた日本公演はどうでしたか?

BOMBER ; 新しいメンツでのライブでどうなるか楽しみでしたがとても良いライブができたと思います。個人的には長野と静岡は初めてライブする土地だったのですが雰囲気も良くてまた行きたいと思いました。事故なく無事に回れて何よりでした。まぁ色々楽しいことはあったのですがぱっと思いつくのはいたる場所でモレノが寿司ばっかり食べてたことですかね(笑)

MORENO ; あんなに新鮮で安全な食べ物はフランスにはないからね(笑)あとジュースやコーヒーの自動販売機が町中に設置されているのも凄く不思議だよ。夏は冷たく、冬は暖かい飲み物が簡単に手に入る。フランスだと設置して一晩もしないうちに荒らされて機械ごと無くなってるよ(笑)

JO : とにかく一緒に演奏したバンド達はグルーヴがありテクニックもあって、ライヴハウスの機材も優秀で、いつも音はパワフルで最強だったよ。そして熱狂的ファンがいつもクレイジーで、毎回どの場所でも、とても盛り上がったな。特に印象に残っているのがディスク・ヘヴンでやった"ミート&グリート"で、たくさんではないけど熱狂的なファンが会いに来てくれてとても嬉しかった!あ、あと、このツアーの為に購入した新品のドラムシートのゴムを(バスドラやペダルの下に敷いて、滑らなくする物)本番直前に失くしてしまった!たぶんまだ "TIGHTROPE" にあると思います(笑)長野か安城でワージーが飛び入りして "RIGING WITCHES" もやったよね?

WARZY ; 安城やったかな?(笑)

MORENO ; とにかく素晴らしい日本ツアーだった。日本のメタルヘッズが我々の音楽でクレイジーになる。最高に素晴らしい時間を過ごしたなぁ。ステージが終わったあとも声をかけてくれて、ビールを一緒に飲んだり。自分は残念ながら日本語は話せませんが、ビールを飲んだ後は全ての言語を話せるので問題なしさ!(笑)

vod-rubi_base2
6.2019年3月に行われた日本フランス~ベルギー公演はどうでしたか?

JO ; パリ郊外の "Covent Garden" は無料でゲネリハもさせてもらったし、社長も寛大だし、ステージも広くて最高。我が家みたいな感じ(笑) ベルギーの "MCP Apache" は "tipi indian (インディアンが住む小さなテント状の家) ” みたいで (笑) (フランスのジョークです。実際は大きい会場です)

JA ; 俺はフランスツアーからヘイト・ビヨンドに加入したけど、どこも本当に素晴らしかった!お客さんはヘイト・ビヨンドが来る前から、非常に楽しみにしていたし、ライヴ中も我々の演奏に本当に釘付けだったね。WITCHES や AGRESSOR と一緒に演る事は非常に名誉なことだし、すごく喜んだよ。

MORENO ; 初日は俺の住んでいる町パリからスタート。いつものパリのメタルヘッズ達が激しく歓迎してくれたよ。どの会場もパワフルでたくさんの人たちで溢れかえってた。メタル万歳!もうすぐ新譜に取り掛かるので、それがリリースされれば、また再びヨーロッパで大きなツアーをやる予定だよ。

WARZY ; 合計3ヶ所だったけど、行く前も行ってからも、凄い反響なのが驚いた。フェイスブックに俺の写真がたくさんタグつけられたり。。。日本では考えられない(笑)Tシャツもソールドアウトだったし、CDもたくさん売れた。俺は日本と同じように活動しているのに、何が違うんだろうねぇ?

55444929_10158328729204606_7307229243111374848_o
7.オンラインで曲を購入する時代ですが、あなた達バンド側はどのように対応していくとか考えますか?また将来CDの時代が来ると思いますか?アナログレコードやカセットテープのように・・・

BOMBER ; 最近ではCDプレイヤー自体を持っていない人も多くそれも原因の一つだと思っています。

MORENO ; デジタル・ミュージックは未来の形なので、我々はその進歩の波に従うしかない。インターネットで無料の音源を手に入れている人は、それが我々バンドマンやアーティストを苦しめている事実は知らないと思う。幸い自分の周りにはCDや物販を購入してくれる熱狂的なファンがたくさんいる。俺もCDを手に取って、歌詞カードを読んだりジャケットを眺めたりして、イメージを高めながら聴いてるよ。古い人間だと思う?

8. 本当にCDが売れないと言われる時代になりました。

MORENO ; そううちCDもアナログと同じように、その時代がやってくるよ。

JA ; 俺もまだCDを買って聞いているよ。メタル連中は情熱的なので、きっちりとCDやTシャツ、レコードなんかをライブに出向いて、バンドから直接買う傾向にあるね。バンドをサポートするのには、それが一番効果的なことだよ。ただ、CDはコピーが簡単だから、将来はそこが重要なポイントになってくるんじゃない?

JO ; CDはレコードやテープと同じくコレクション・アイテムとして残っていくと思う。でも WAV や MP3 なんかは膨大な数を保存しておくのに便利だけどね。

BOMBER ; CDはオンラインでの購入とは違って形に残るものなので、地道ではありますが良いライブをやってそれを手にしたいと思ってもらうことが第一歩だと思います。

MORENO ; 俺達は常に良いCDをリリースして、バンド活動を続けていくことが大事だと思う。

9.次のアルバムなど、今後の活動について教えてください。

MORENO ; 俺達はすでに次のアルバムに向けて準備に入っている。俺が歌うとデスメタル・ミュージックにカテゴライズされると思うけど、ワージーの狂気のギターリフとソロがあれば、どこを切ってもスラッシュ・メタルだ!

JA ; 俺もいくつかリフを書いて、ワージーと共作したいなぁ。そうなればフランスと日本のミックスされた曲が出来上がる。文化の違いがあるから、お互い尊敬し合えるキラーな曲ができあがるんじゃない?

WARZY ; おお、それは頼もしい。。。自分は時代に流されず、バンドをまとめていくのが役目だと思ってるから、俺の活動を邪魔する奴は許さない(笑)良い曲を書いて、現在俺達をサポートしてくれているたくさんの人達と、共に喜びを共有して行きたい。

10.日本について何かありますか?

JO ; とにかく日本は我々ヨーロッパの人々にとっては大変アメージングで、まったく違う世界、楽しく暮らす人々と文化の様。子供の頃に見たアニメ(ドラゴンボール、北斗の拳、グランディザー、アキラetc...)でなんとなく想像はしていましたが・・・私の娘もアニメやテレビゲームが好きで非常に愛着があります。ほんとフランスとは全然違う。そして日本食も当然 "すごい!"

JA ; 素晴らしい文化と歴史がたくさん詰まった国だよね。メタル・ミュージックも独特な世界観を持っているし。日本という国を発見することは非常に名誉な事だし、早く行ってみたいなあ。

MORENO ; 日本の歴史や寺院が好きなので、ツアーの空き時間には色々回ったよ。まだまだ行き足りていないので、また日本に行きたいなぁ。ヨーロッパの歴史や生活とは違うから非常に興味深い。

11.では、最後に何かメッセージを!

BOMBER ; メタルの醍醐味はやっぱりライブで実際に音を聞いてもらうことだと思うので、ライブに行ったことがない人も足を運んで楽しんでくれたらと思うので、ライヴ会場に足を運んでメタル応援してください。

MORENO ; インタビューありがとう!これを読んで興味をもったら、ライヴに来てくれよな!

JO ; インタビュー読んで興味を持ったらCDを購入して、ライヴ会場で会いましょう!!



buynow

ruler

 イタリア出身。RAVEN,FIFTH ANGEL,IRON MAIDENを彷彿させるヨーロピアン正統派ヘヴィメタルバンド。ハイトーン・ボーカルが女性かと思うほど繊細で、これぞHMという純血なリフと曲構成はオリジナル性も加わって立派!今回のサード・アルバムからリズム隊が変わって、極太なサウンドも手伝い、かなり良質なアルバムです。  バンドは2009年に結成され、ヨーロッパの大きなフェスティバルの常連でもあり、かなり有名なバンドです。全8曲収録、収録時間約43分。

2019年6月4日 発売

buynow

engine

 イタリア出身。野太い野郎のコーラスが多めの為か、ニュークリア・アソールトあたりのクロスオーバーっぽい雰囲気漂うスラシュ・メタル・バンド。しかしやはりヨーロッパのもっさり感は抜けず(笑)うまい事やれば弾けるパワーは秘めているバンドの4枚目アルバムがこれだ!!全10曲収録、収録時間約35分。

2019年5月31日 発売

buynow

coma

 イタリア出身のメタル・コア・スラッシュ・メタル・バンドのセカンド・アルバム。狂気のハイトーン・ボーカルがこのバンドの特徴で、激しいリズム隊は現在のメタルコア寄りにどうしてもなってしまいがちだが、時折聞かれる美しいハーモニーのツインギターや、ザクザクと心地良い刻みのギターのリフは、ずっと聴き入ってしまう魔力を持っている。  サウンド・プロダクションも大変良く仕上がっており、それもそのはず、同じイタリアのテクニカル・シンフォニック・デス・バンド『Fleshgod Apocalypse』のフランチェスコ・パオリ氏がプロデュースしている!恐るべきイタリアのメタル層・・・買って損無し!!全10曲収録、収録時間約35分。

2019年5月31日 発売

buynow

1.初めに「デッドリー・ウィスパーズ」の結成に至るまで、を教えてください。

古くからの友人であったCarettas(キャレッタ・ボーカル)とPatrice(パトリス・ギター)が、オリジナルの曲のバンドをやろうと結成したのが始まりだよ。地元で他のパートを見つけ、バンドをスタートさせたが、数回ギグを演っただけで、そのバンドは解散した。でもキャレッタとパトリスは、その後もオリジナル曲を書き続け、それに見合うメンバーを探していたところに、地元のパブで出会ったLaurent(ルホン・Bass)が加わり、ドラムのMax(マックス・drums)はインターネットで見つけたよ。時代だね(笑)そしてバンド名を「デッドリー・ウィスパーズ」と改めて、すぐにファーストアルバムをレコーディングしたんだ。
facebook
2.あなたの最新アルバム 『Brutal Therapy~残忍な療法』について聞かせてください。

俺達の残忍なサウンドでメタルファンを治療するんだ!「別に気分が悪いわけじゃないが、精神的に何か問題がある奴、そんな時は俺達の曲を聴けばいい!そしてもっと邪悪にしてやるぜ!!」ははは、俺達の曲の大半は残忍だからね。だからタイトルも『Brutal Therapy~残忍な療法』にした。アルバムの5曲目にタイトル曲も収録されているよ。

3.曲について何かテーマはありますか?

大体は社会や政治、文化現象などかな。だってそれらは我々人間にとってとても大事で、大変意味のある事柄であるからね。

4.アルバムのアートワークはとてもクールですが・・・

そうだろう!描いたのはテッドと言って、我々の地元『ターブ』でタトゥー・ショップをやっているアーティストだよ。我々のファースト・アルバムを彼が描いたものだ。彼は生きているデーモンを描くのが得意なんだよ、アイアン・メイデンのジャケットに出てくるエディーの様な。。。

5.影響されたバンドってありますか?

主に80年代のアンダーグラウンド・ミュージックと90年代初頭のメタル・ミュージックかな。あんまり深くは気にしていないけど・・・

6.あなた達は南フランスのターブ出身ですが、バンド活動は順調ですか?

もうほとんどスペインに近い街だけど、メタル・バンドにとっては活動は難しい。しかしそれはフランス全体に言えると思うよ。でもコアなメタルファンはここでも勿論、存在しているので、俺達は彼らの為に演奏を続けていきたいな。バンド・メンバーを見つけるのも容易くないし、メタルのCDショップすら無いんだから・・・もちろん大きなスーパーマーケットに行けば、スリップノットなんかの有名どころは手に入るはずだけど・・・笑 俺達はお互い良いメンバーにめぐり合えたという事は非常にラッキーだよ!

facebook2
DEADLY WHISPERS / Brutal Therapy - CD
JACKHAMMER MUSIC 2019 JHM-570 CD   JAN/ISBN : 4560329809273
発売日 : 2019年1月10日   定価 2,000円 (税抜)


7.オンラインで曲を購入する時代ですが、あなた達バンド側はどのように対応していくとか考えますか?また将来CDの時代が来ると思いますか?アナログレコードやカセットテープのように・・・

俺達はデジタル・フォーマットも大歓迎だよ。だって世界中のメタル・マニアが簡単に購入できるし、俺達の音楽を共有できる。バカ高い送料も関税も要らないからね。でも音源を聴いてバンドを気に入ってくれたら、CDやTシャツなどのフィジカル(現物)を購入してくれると、俺達バンド側は非常に助かる。バンド側に収入があれば、新譜やツアーなど、次の行動にも移せるしね。バンドから直接でも良いし、CDショップで買うのも良い。
 でもね、俺が思うに、ほとんどのメタルヘッズは純粋主義者で、いまだにオンライン・ミュージックでなく、CDやレコードを購入しているファンが多いと思うよ。他の音楽スタイルはそうではないので、我々メタルの分野はラッキーじゃないかな。今後も俺達はCDをリリースしていくよ。勿論!!

8.ファーストアルバムついて、どうですか?

そうだねぇぇ、俺達はメンバーチェンジはしたことが無いので、セカンド・アルバムと同じメンバーで録音したよ。曲は若い時に書いた曲からアルバム録音までに書いた、いわゆる初期の作品の集大成的な。"Black Mass"や"Sociality"などの曲は15歳くらいに作った曲だよ(笑)でもクオリティーは決して悪くないよね。だからアルバムに入れた。アートワークはさっきも言ったけど地元のタトゥー・アーティスト"テッド"によるものだよ。

9.次のアルバムなど、今後の活動について教えてください。

うん、もうすでにいくつかのリフは用意してあるし、俺達は常にインスピレーションが沸いた時には、それらをストックしているよ。俺達のミュージック・スタイルを変えるつもりは無い。永遠にオールドスクールに影響された素敵で野蛮なメタル・ミュージックを続けていく。でも次のアルバムについて考えるのはまだ早いなあ。まず、このセカンド・アルバムを大々的にプッシュしないとね。その為にファーストみたいに自主製作ではなく、日本のジャックハマーミュージックを選んだんだ。君達はフランスを含めたヨーロッパでも名前が知られているし、良い仕事をしているよ。

10.それはありがとうございます(笑)日本について何かありますか?

もちろんだよ兄弟!俺達は日本のスラッシュ・メタル・ヘッズ達に音源を聴いてもらって、そして会いに行く!実際に日本で演奏する事を考えているんだ。実際に俺達の生の演奏を日本のスラッシュ・メタル・ヘッズ達に届けたいね!

11.では、最後に何かメッセージを!

今回はとても良い機会を与えてくれてジャックハマーミュージックには感謝しています。それと我々の音源を聴いてくれている日本の全てのメタル・ヘッズ達に感謝しています!俺達はすぐにみんなに会いに行ける様に願っています!
"STAY TRUE TO YOURSELF ! (あなた自身に忠実であれ!)"



buynow

xipe totec

 メキシコ出身。MORBID ANGELタイプのブルタル・テクニカル・デス・メタル。ブラストを取り入れ、埃臭く圧迫的な雰囲気だが、所々に民族的要素を取り入れ、血、暴力、そして悲観的な悲観を喚起し、我々聴く者を古代アステカへと誘います。マニア必聴!
オリジナル盤は2014年12月9日に発売され即完売、これは2019年に再プレスされたヨーロッパ盤になります。ボーナルトラックが1曲追加。全11曲収録、収録時間約48分。

2019年3月1日 発売

buynow

33891720_459633101141775_1430368892915548160_o

Four killer titles from JACKHAMMER MUSIC now available for streaming and purchase on Spotify, Apple Music and iTunes, Amazon Music, YouTube, Pandora, and all other digital platforms. 
Listen, Like, Share, Add to Playlist!

- DEADLY WHISPERS "Brutal Therapy"
- HATE BEYOND "Ruthless Aggression" 
- HATE BEYOND "Verge of Death" + 2 bonus tracks
- FUTURE HATE "Potboiler"

ジャックハマーミュージックの上記のアルバム4枚が各デジタルプラットフォームでストリーミングと購入が可能に!是非視聴を試みよ!

exile
 ヨルダン出身。さすがとも言える本家本元のアラビアンな音階を使い、リズム隊も図太く、プロダクションもクオリティが高い、極上のスラッシュ・メタル・アルバムがついに到着です!!
 ファーストの時ほどスラッシュ感は控えめだが、彼らアラビアンは変拍子なんて当たり前かのように不自然さ無くこなしていくのは流石。
 バンドは2008年に結成され、2012年には自主製作でファースト・アルバムもリリースしている。これはセカンドにして最高傑作と呼ばれるアルバム必死!!

2018年12月25日発売
buynow

ceno5

 トルコ出身。1994年から活動するベテランのブルタル・スラミング・ゴア・デスメタル。今作は5枚目にあたるフル・アルバム。  ジャケットから想像できる、野蛮で非道な程のゲロゴア系ボイスに変拍子満載の曲構成、ひたすら最初から最後までスタスタと暴走するドラムと、どこを切り取っても極悪だ!  オリジナルは2010年6月3日発売だが、これは2018年に再プレスされたトルコ盤。

2018年12月20日 発売

buynow

fatel
 2010年4月から活動する、インドネシアのブルタル・デス・メタル・バンド。待望のファースト・アルバム。ボーカルが独特の高音を使ったグロウル?で、その他のブルデス・バンドとは一線を画しているが、演奏もタイトで音質も申し分ない、グレイトなアルバムに仕上がっている。Disinfected, Lumpur, Cerebral Effusionタイプ。

2018年12月1日発売
buynow

VAGINAL ADDICTION
 カナダ出身。ブルタル・ゴア・デス・メタル。Putrid Pile, Malignancy, PLF, Internal Bleeding, Dehumanized, Dysentery,Psychoなどのニューヨーク・スタイルのブルデスか。なんといっても、これはジャケ買いでしょう!!ファースト・アルバム。全9曲、約30分。

2018年11月30日発売
buynow

deepdirty

ドイツ出身。グラインド・ゴア。ゲロゲロ声でガナリまくる、低俗極まりないグラインド・バンド。しかしライブはコミックバンドさながら・・・これがデビュー・アルバムになります。全16曲収録、収録時間約41分。

2018年11月22日 発売

buynow

spectral

 メキシコ出身。音は悪くないが、暴力的で破壊的なブラック・メタル・バンド。 2016年結成で初の音源となるデビュー・フル・アルバム。演奏もプロダクションも良く、プロモーション・ビデオを見る限り、今後も期待できそうなバンド。全12曲収録、収録時間約57分。

2018年11月17日 発売

buynow

atria

 カナダ出身。Lamb of God, Soilwork, Tool, Slipknotタイプの非常にボーカルのメロディーラインが耳に心地良い,キャッチーなヘビィー・メタル。これはメジャーからのリリースも近い!?

2018年11月16日発売

buynow

南フランスのスラッシング・デス・メタル・バンド『デッドリー・ウィスパーズ (DEADLY WHISPERS) 』がジャックハマミュージックと契約、彼らのセカンド・アルバム『残忍な療法~BRUTAL THERAPY~』が2019年1月10日、ここ日本から全世界へ向けてリリースされます。

facebook2
DEADLY WHISPERS / Brutal Therapy - CD
JACKHAMMER MUSIC 2019 JHM-570 CD   JAN/ISBN : 4560329809273
発売日 : 2019年1月10日   定価 2,000円 (税抜)

デッドリー・ウィスパーズ『 残忍な療法~ブルタル・セラピー』

『背後から迫り来る 致命的殺戮の囁き・・・』
 エッジ鋭く硬質なリフがザクザクと体中を引き裂き、絶え間なく猛射する無慈悲なスネアの暴虐。
 南フランスから今、全世界に解き放たれた若き徒党(スラッシャー達)の罪科。惨たらしい鏖殺、死ぬまで鞭打たれるがよい・・・

French thrashers return with knives sharpened! BRUTAL THERAPY is the highly anticipated second album from DEADLY WHISPERS, and it is pulverizing. A modern thrash metal sound with elements of death, black, classic Bay Area metal and even Rock-N-Roll. 
The guitar and bass are fast and heavy! Vocals inhuman! And drummer Max Ducat demonstrates a frightening ability that continues to garner a cult following.




buynow

OSMED full
 インドネシア。デビューミニアルバムから約3年、待望のファースト・アルバム。演奏もタイトで音質も申し分ない、妥協無きブルタル・デス・メタル・アルバムここに完成!

2018年11月11日発売
buynow

drain

 トルコ出身。CENOTAPHのリーダー"Batu Çetin"が2000年から始めたソロプロジェクト。今作は4枚目にあたるフル・アルバム。  自身のバンド『セノタフ』同様、野蛮で非道な程のゲロゴア系ボイスに、ひたすら最初から最後までスタスタと暴走するドラムと、どこを切り取っても極悪だ!なぜ別プロジェクトでやっているのかは謎だ!!

2018年10月15日発売

buynow

impurity

 ブラジル出身のブラック・デス・メタルの結成30周年記念コンピレーション・アルバム。荒削りな暴走系ブラック。9枚目。全22曲収録、約1時間11分。

2018年10月10日 発売

buynow

nephrectomy

 アメリカ出身。スラミング・ブルタル・デスメタル。今作は2018年発売のClayton Meade (Implements of Hell and Cordyceps)、Donovan Dettle (Parasitic Ejaculation) 、Joey Cashman (Goremonger)とのコラボーレーションしたアルバム 。全25曲収録、収録時間約74分。オリジナルは2017年12月5日にアメリカのレーベルからリリースされた。コレは再発売のジャケット違いで、チェコ盤になります。

2018年10月1日 発売

buynow

absolution

 イギリス出身。ファースト・アルバム。一度は活動停止状態だったが、2012年に再開、約6年を経て初のフル・アルバムを完成させた。ストレートなデスメタルを展開している、まさにオールド・スクール・UK・デス・メタル。全9曲、約36分。

2018年9月28日発売

buynow

Taken from the album their 5th album 'Ruthless Aggression'

Please SUBSCRIBE, SHARE, FOLLOW and BUY CD or DIGITAL !!


Follow HATE BEYOND :
 SUBSCRIBE to HATE BEYOND : https://www.facebook.com/hatebeyond/
 SUBSCRIBE to JACKHAMMER MUSIC : 

 

 おかげさまで初回プレスが半年でソールドアウト!そしてマレーシアでも正式にプレスされメジャー流通される事が決まりました(詳細は後日お知らせします)
 それを記念して(?!)追加プレスはもちろん、リミックス&リマスターで再登場です!

 ジャックハマー・ミュージックで直接購入された方には、随時新しいCD(盤)のみ発送させていただいています。2枚保存していただいても、前の盤は捨ててしまっても良し(笑)好きなように楽しんでください。

 それ以外の、メタルCDショップなどで本作を購入していただいた方は、購入したお店で問い合わせいただければ無料でゲットできるようにしています。もしくはフェイスブックやツイッターなどSNSでジャケットの写真をアップしていただき、ハッシュタグ(#HATE BEYOND, #RUTHLESS AGGRESSION)を付けてくだされば、こちらからダイレクトメールなどでコンタクトしますので、住所、氏名をお知らせください。すぐに無料で発送いたします。SNSを利用していない方は、申し訳ありませんが、300円のみご負担いただければ発送いたしますので、メールでお知らせください。メール > jackhammermusic@warzy.info
buynow
hb5th_base
1. Intro (Instrumental)
2. Decomposed
3. The Incident Began
4. Greedy For Fame
5. Future Burned
6. The Nemesis
7. Red Eyes
8. Ruthless Aggression (Instrumental)
9. Blood Stuck
10. Live Wire (Bonus track - Mötley Crüe Cover)

the suffer

 メキシコ出身。これは新しいタイプのブラック・デス・メタルを聴かせてくれる!1曲1曲も長く、様式美と化した非常に仰々しい旋律と展開、しかしそこに絡みつく凶暴なボーカルに、ブラストビート。即買い間違い無し!!結成1996年結成と古いバンドだが、5曲入りカセットをリリースしたのみで、2011年に一度活動休止している。そして2017年に再び結成、今回待望のファースト・フル・アルバムをリリースした。Ascension (Ger), Deathspell Omega, Dissection, The Chasmタイプ。全8曲収録、収録時間約46分。

2018年8月26日 発売

buynow

SLAMOPHILIAC8

 アメリカ・テキサス出身。すさまじいブラストとリズムチェンジが特徴的なスラム・ブルータル・デス・メタル。なんと今作は8枚目フル・アルバム。全10曲、約30分。

2017年8月18日 発売

buynow

ceno4

 トルコ出身。1994年から活動するベテランのブルタル・スラミング・ゴア・デスメタル。今作は4枚目にあたるフル・アルバム。  ジャケットから想像できる、野蛮で非道な程のゲロゴア系ボイスに変拍子満載の曲構成、ひたすら最初から最後までスタスタと暴走するドラムと、どこを切り取っても極悪だ!  オリジナルは2007年12月1日発売だが、これは2018年に再プレスされたマケドニア盤。

2018年7月31日 発売

buynow

devillee

 スウェーデン出身。なんだこれは!?ご存知、元VAN HALENのボーカリスト「デイヴ・リー・ロス」のパロディで「デヴィル・リー・ロット」と名乗るこのボーカリスト、スウェーデン出身でAutopsy Torment、Pagan Rites、Tristitiaのメンバーらしい。彼のソロ・プロジェクト・バンドで今作で7枚目!その他にも、おびただしいほどの数のデモ、コンプ、スプリットを出していて精力的に活動しているが、内容は・・・前作よりは音は良くなっているので、聴けるが Blackened Heavy Doom Metal というスタイルらしいです。。7枚目デジパック仕様。全9曲収録、約56分。

2018年7月14日 発売

buynow

kobold

 セルビア出身のハイトーン・ボーカルが気持ちいい極上パワー・スラッシュ・メタル。これはやばい!!日本盤が出てもおかしくないくらいの、日本人向けハイトーン・メタル。今後期待大。ファースト・アルバム。全15曲収録、約54分。

2018年7月1日 発売

buynow

intro2

 メキシコでは超有名な女性からなるオールド・スクールなデスメタル・バンド。今作は通算3枚目の9曲入り、ト-タル25分のデビュー・フル・アルバム。演奏も音も良くなって、美貌にも磨きをかけた(!?)自信作!  スリーヴケースに入った豪華盤になります。ビッチ好きマニアはマストアイテム!限定500枚のみ!急げ!!  バンドは2008年に結成され『REDROOT』というバンド名で活動。2009年にメンバーチェンジを機会にバンド名を現在の『INTROTYL』に変更した。

2018年6月16日 発売

buynow

hb5th_base
HATE BEYOND / Ruthless Aggression - CD
RUBICON MUSIC 2018 RBNCD-1602 CD   JAN/ISBN : 4560329806029
発売日 : 2018年5月2日   定価 2,381円 (税抜)

ヘイト・ビヨンド『 ルースリス・アグレッション /  容赦なき攻撃』

疾風怒濤のブルータリティー!
オリジナル・フランス人ボーカリスト『モレノ』が復帰し、圧倒的なド迫力を伴って再侵攻開始!
縦横無尽の鋭いギター、攻撃力を増強させたリズム隊、哮り立つも緻密なボーカル、全てが重金属の塊となり、常識を撃砕しながら突き進むスラッシュ・メタル・アルバムここに完成!数々の有名メタル・バンドを引き受ける『スタン・W・デッカー』氏のジャケットも凄まじく、絶えず新しい方向性を追求する孤高のサムライ・ギタリスト『ワージー』率いるヘイト・ビヨンド激高必至の第5弾アルバム!

  The roaring gale of rage and brutality! Original French vocalist Moreno returns to the fold, making an explosive entrance, like a wrecking ball of molten metal...highly volatile and hurling at flash point, it collides with insane guitar work that has reached the temperature of autoignition. The result is nothing short of INFERNAL.
  The rhythms are blasting with machine gun precision, and the pummeling of a fighter's fist. This is the music of fire that only takes, the fire that frightens.
  Samurai guitarist Warzy once again shows he is above the rest, as he boldly leads HATE BEYOND into new frontiers and directions on the band's 5th new album. His playing is audacious and intrepid, as he finds a way to forge riffs, speed and melody into a lethal brand of thrash music - one that is rooted in the genre's inception, relies on experience, but continues to evolve. Make no mistake, Warzy is the spearhead of this weapon of the future. It's name is HATE BEYOND. Cover art by Mr. Stan W. Decker also KILLER !!!

1. Intro (Instrumental)
2. Decomposed
3. The Incident Began
4. Greedy For Fame
5. Future Burned
6. The Nemesis
7. Red Eyes
8. Ruthless Aggression (Instrumental)
9. Blood Stuck
10. Live Wire (Bonus track - Mötley Crüe Cover)
buynow

leech
LEECH / Cyanide Christ - CD
JACKHAMMER MUSIC 2017 JHM-565 CD     JANコード/ISBNコード : 4560329809211
発売日 : 2018年1月10日 定価 2,000. (税抜)

 スウェーデンが誇る最大凶悪ブルータル・スラッシュ・バンド『カーナル・フォージ』のメンバーのサイド・プロジェクト・バンド『リーチ』の約15年も眠っていた幻の音源が、時を越えてCDでリリースされる!各メンバーが武装した偉大なる経歴を、極上のメタルとスラッシュの収斂にかける! キャッチーでクランチーなギターリフと、狂気的破壊力で猛々しく迫るリズム、そして心地よく歌い上げる吐き捨てハイトーンの渾融。決して色褪せることがないプレミアム・スラッシュ・メタルの真髄が、凄腕のメンツによって繰り広げられる奇跡なる戦慄!速さだけでは物足りないとお嘆きの方へ・・・風格ある伝統的スラッシュ・メタル礼法の所作とは!帯付き日本盤。

Sweden’s best kept secret to be revealed! Finally this treasure is divulged to the world after 15 years time! Heinous, brutal, and exclusively Swedish thrash metal. A superior project featuring members of "CARNAL FORGE", "SLAPDASH" and "REVOLVER." The essence of premium thrash metal, unrelenting and unforgiving, a stunning performance delivered with surgical precision that will enthrall the listener, leaving ravaged and frozen with fear. Coincides with the new release by the reactivated "CARNAL FORGE" to be announced soon! Thrusting the world into the vortex of THRASH! Japanese edition with OBI.
buynow

vod-rubi_base1
HATE BEYOND / Verge Of Death - CD
RUBICON MUSIC 2017  RBNCD-1601   JAN / ISBN : 4560329806012
発売日 : 2017年9月13日 定価 2,381円 (税抜)

 HATE BEYOND のフォース・アルバム。帯付き日本盤。新たに日本国内のルビコン・ミュージックからリニューアル発売!
 ボーナストラックにサードアルバムからの2曲を再録音し、オリジナル・ボーカリスト『モレノ』のボーカルで収録!("SOUTH BACK STABBED","FATALLY PARISH")さらにオリジナル英詩&日本語対訳、初代からの全メンバーの写真付き。

解説コメント:『毒蛇が死の道へと導き、ハゲタカ達がおまえの最後の瞬間を見ている!』
気を緩めると殺られてしまうほどの殺傷能力の高いリフが今ココに蘇る!これがスラッシュの醍醐味だ。ニューメンバーによって瀕死で入手困難な過去の音源をリ・レコーディング。通算四枚目のアルバム!

「A venom snake lead me to death road, vultures looking at the moment of my last 」
The 4th album by HATE BEYOND will be re-issued by Japanese label RUBICON MUSIC on September 13, 2017!!
Two songs, "SOUTH BACK STABBED" and "FATALLY PARISH" (taken from their third album) have been re-recorded and are included as bonus tracks featuring original vocalist "Moreno Grosso"!! 
In addition, original English lyrics & Japanese translation lyrics.
Layout includes photos of all band members from the first generation to most recent lineup. Show me your guts!

Fast of full blast, heavy and growling, that is the best part of the thrash metal who you know well. It revives here from verge of death along with a lot of high killing ability guitar riffs. Don't let you guard down and be killed in it!! 
Their fourth album. The songs are taken from previous three their albums as re-recorded and re-arranged by the current line up. 
Japanese edition with OBI.

buynow

↑このページのトップヘ